畳のお話です




畳は定期的なリフレッシュが必要です

畳の張り替え替えを定期的にする事で換気、掃除、補修が出来て畳床も長持ちします。

◆表替えとは?   
畳表が痛んできたら畳床をそのまま生かし、    
新しい畳表に張り替える作業です。   
3~5年が目安です。   
◆裏返しとは?   
表替えしてから2~3年目頃、畳表が日焼けしたり     
痛み出したら畳表を裏返して張り替える作業です。   
◆畳床替え(新畳)とは?   
畳床も含めて全体を新品に取り替える作業です。     
弾力性の低下や隙間、   
凹凸が激しくなったら替えます。


畳はしっかり補修すれば長く使えます。

畳の隙間、段差、凹み、カビ等。。

しっかり補修をすれば畳は長く使えます。




防湿、防カビ対策ご相談下さい!

お部屋の湿気、床からの湿気等による畳のカビ対策、ご相談下さい。
湿気に強い畳表、畳床や防カビシート等、ご提案させて頂きます。


◆畳表と畳床の間に防カビシート

◆畳床の下の床に防カビシート


お見積もりの際には「含水率測定器」で畳の含水率を診断させて頂きます。

※JIS規定による含水率 畳表15%以下、稲わら畳床15%以下、建材畳床13%以下


最近はホームセンター等で畳専用のクリーナーが販売されています。

防カビ対策や日頃のお手入れにとても便利です。